11/29/2021
ベルクソンの哲学は、当時の人々だけでなく、後の世代にも大きい影響を与えた。その影響は、弟子のガブリエル・マルセル、ハイデッガー、ジャンケレヴィッチ、ウィリアム・ジェームズ、サルトル、バシュラール、レヴィナス、メルロ=ポンティ[3]、アルフレッド・シュッツ、エティエンヌ・ジルソン、ジャック・マリタン、ドゥルーズ、西田幾多郎といった哲学者たちのみならず、政治哲学者のジョルジュ・ソレルや人類学者のレヴィ=ストロース、作家のプルーストなど幅広くに及んでいる。
高まるAI実用化への期待に応えるため,日立は,2020年4月に人工知能イノベーションセンタを発足した。同センタは長い歴史を持つAI研究の成果を生かし,企業活動のデジタルトランスフォーメーションと,人々のQoLの向上に取り組んでいる。
缶コーヒーのCM「宇宙人ジョーンズ」シリーズが今年で15年目を迎えた。宇宙人を演じるトミー・リー・ジョーンズは、映画『メン・イン・ブラック』(1997)でも知られる米国の実力派ベテラン俳優だが、今や日本では「宇宙人」として有名だ。長寿CMとして人々を引きつける秘訣(ひけつ)をCMプランナー・福里真一さんに聞いた。
1990年代以降,さまざまなモノづくりの分野で,デジタルエンジニアリングが導入されモジュール化が進み,分業化やグローバル化が加速した。さらに今日ではIoTによる業務プロセスの効率化や最適化だけでなく,バリューチェーン全体をデータ連携して新たな価値を創出することに期待が集まっている。 デジタル技術の導入によりモノづくりとそれを取り巻く事業環境が大きく変わる中,日立はモノづくりに関わるさまざまな知見を生かし,バリューチェーン全体をつなぐデジタルプラットフォームの提供をめざしている。 現場と経営をつなぐデジタルプラットフォーム