10/22/2021

製造

1990年代以降,さまざまなモノづくりの分野で,デジタルエンジニアリングが導入されモジュール化が進み,分業化やグローバル化が加速した。さらに今日ではIoTによる業務プロセスの効率化や最適化だけでなく,バリューチェーン全体をデータ連携して新たな価値を創出することに期待が集まっている。 デジタル技術の導入によりモノづくりとそれを取り巻く事業環境が大きく変わる中,日立はモノづくりに関わるさまざまな知見を生かし,バリューチェーン全体をつなぐデジタルプラットフォームの提供をめざしている。 現場と経営をつなぐデジタルプラットフォーム